d0173140_13243083.jpg

今週末26(金)27(土)28(日)の御徒町・蔵前のイベント「モノマチ」に参加します。

昨年はお休みしましたが、今年は参加することにしました。

オリジナルのTOKYO DOWNTOWNシリーズのTシャツとトートバッグや

集めた骨董茶碗を販売します。

対面販売をしてお客様との会話を楽しもうと思っています。

3日間ともデザイナーズヴィレッジの通り沿い、小島2丁目の雑貨店ブラスにいる予定です。

イラストレータのマツオカマサタカさんは似顔絵を28(日)

会社の後輩でもあるイラストレータReoSpikee(クワッチ)さんクリスタル石鹸のワークショップ。

イラストレーターむらもとちひろさんのグッズの販売などなんだか楽しそうです。

ぜひご家族連れで遊びに来てください。

d0173140_13283258.jpg


[PR]
# by kaisintamura | 2017-05-24 13:30 | ワーク | Comments(0)
d0173140_16405873.jpg

皆さんは、どんな感じでしょう?

このごろ三歩歩くと忘れる。これが頻繁になってきた。

あれっ!なにするんだっけ?と家のなかでも容赦なく忘れる。

そのうち思い出すだろうと、最近は気にならなくなった。

胃カメラをやると、食道から胃への入り口が少し緩んでて、軽い逆流性食道炎だと言われ。

家の玄関のカギ穴に鍵をさし込む時、ポロっと落としてしまう事が多々ある。

食事中、気管への弁が緩んでいるのか、すぐ誤嚥(ごえん)しそうになる。

もちろんいちばん困ってるのが下半身の緩み。チョイ漏れ。

先日、「ごぶごぶ」を観てたら、浜ちゃんとミヤネがチョイ漏れの話題で盛り上がっていた。

彼らは僕よりもひとまわり若い。それでもやっぱりかなり気になってるようだ。

年だから仕方ないのだろう。みんな同じなんだとなぜかホッとする。

最近、特に嫌だなあと思うのが、玉袋の皮がゆるゆるなのかなあ~?

若い頃はこんな事、考えたことないのに。

何が困るのか?椅子に座ってるとパンツやズボンに挟まって、凄く窮屈になり痛くなる。

そこで脚を組みかえると、よけいにすれてくる。

立ち上がって、玉袋の位置を直さなくては落ち着かない。これが頻繁。

なんかどうでもいいような、切ないような、情けない話になってしまいました。

美しい花の写真で御容赦ください。(笑)


[PR]
# by kaisintamura | 2017-05-16 16:48 | 快適隠遁生活 | Comments(0)
d0173140_08041658.jpg

きのう、いつものパチンコ店。

トイレに入って小をたしていたら、目の前に、、、、

「う~ん?なんだあ?俺には関係ないね。」っと思いながら、台に戻った。

再びトイレ。なにげに読んでみた。

「適度に楽しむ遊び」「ポケットマネーの範囲内で、、、」とある。

チェックシート8項目のうち、4個以上ある人は相談機関に行きなさいと書いてある。

1~3はしっかり当てはまりそう?(笑)

4からはちょっと辛辣だ。

8に、金銭的な危機状況を逃れるために、誰かにお金を出してくれるよう頼む。

とある。

4~8は当てはまらないけど、夢にまでは観ないし、まあ軽い依存症?いやいや違うでしょ。

僕はここ何年も、ずーっとAKBで遊んでいる。ほとんど他の機種では遊ばない。

だから「AKBおじさん」と呼ばれる。(笑)

1円パチンコなのでゲームセンターのようなもの。お金も身を滅ぼすほどは使わいし、使えない。

店にはお年寄りが多く、僕みたいに時間を持て余した人が多いようだ。意外と夫婦者が多い。

いわゆるlギャンブル場というより、一種のコミュニティーになっている。

ほとんど常連ばかりで、みんな声を掛け合う。

僕にもいろんな人が声をかけてくれる。

そんだこんだで1週間に3~4回、半日遊びます。程良い時間つぶしなのです。

ホンネは回数を減らしたいのですが、なかなかできません。

1昨年、1年間止めたことがあって依存症ではないと自信を持っています。

いまやパチンコに行くのは、会社に行くのとおんなじ。

そう思う事にすると、気楽なもんです。別の意味で重症かな?(笑)







[PR]
# by kaisintamura | 2017-05-10 08:41 | パチンコワーク | Comments(0)

ちょっと傷ついた(笑)

d0173140_20540653.jpg

天気が良くて、いい連休ですね。

あしたは又、子供たちが来てくれます。ありがたいです。きっといい父親なのでしょう(笑)

連休はいつも笠間や益子の陶器市に行きます。

独りになってもそれは楽しみのひとつです。

先日、知り合いに混むだろうからいつ行こうか、迷ってると話したら、

「もう、いらないでしょ、、、、、あっ、でも料理するから、、、」と言われました。

その何気ない一言にへこんでしまいました。年寄りのひがみでしょうか?(笑)

もう年なんだし、独り暮らしなんだから必要ないでしょ、、、、と。

おおげさに言えば生きてる意味さえも否定されたような。

確かに貴方のように若くないし、これからの展望もない。

そんなつもりで言ったわけでないのは重々理解してるけど、、、

年をとると、こんなつまんない事がグサッとくるんだなあとシミジミ思いました。

今日はめずらしく愚痴ってしまった。FBに書けない事をブログで書いて発散しよう(笑)

最近は税金の支払いで、お金が出ていくのが寂しいけど元気です。

[PR]
# by kaisintamura | 2017-05-01 21:02 | 快適隠遁生活 | Comments(2)
「桜散歩」

d0173140_08444204.jpg


桜が綺麗です。

早朝1時間半、午後2時間、桜を愛でながら歩きます。

だただ歩きました。少し汗ばみながら、、、

なにも考えず、ゆっくりゆっくり春を楽しみます。

いつもの散歩コース、岡堰の景色がすばらしい。

「生きる朝食」

d0173140_08275443.jpg
今朝の朝ごはんです。なんとなく写真に撮ってアップします。

このごろ「食べる事は生きる事」と言いますが、野菜を種から育て、収穫し、食す。

その言葉の重みがやっと少しだけ分かる気がします。
「生きる」のはしんどくてつらい事も多いけど、楽しい事だけでなく嫌な事も含めて、全ての事に感謝しながら食べる。それが元気をもらえるとつくづく思います。

FB友の投稿を読ませてもらうと、病気や悩みで苦しんでいる人が多い事に驚かされます。
僕のように独り暮らしの初老は少しくらい寂しいのはあたりまえ。
でも若い人がいろんなかたちでもがき、あがいているのを知る事はつらいものです。
僕もそうでしたが、若い頃はまわりもみんな同じような思いをしながら毎日を過ごしていました。
今はちょっと違うのかなと思うのは身近に相談出来たり、思いのたけを発散できる場所が少ないのかな?
僕ら世代は、先輩から受け継いできた「生きる知恵」を後輩たちに伝えるのを面倒くさがったのではないかと反省しています。嫌がられても伝えるべきだったと。
若い人たちにエールを送りたい。
「人生、捨てたもんじゃないよ。生き続ければ、過去は笑い話。楽しいもんです。」

トマトを必ず1個たべます。今日はなっとうは有りませんが、ほうれん草のオリーブオイル炒め、塩麹で一晩おいたキュウリと人参、出来合いのシュウマイをチン、大根油げ玉ねぎニンジンの味噌汁。
本当に有り難い感謝の朝食です。


[PR]
# by kaisintamura | 2017-04-14 08:52 | 快適隠遁生活 | Comments(0)



水曜日、春うららの中
町内会のお仕事で、稲敷の「大杉神社」へ代参しました。

霞ヶ浦の隅っこ阿波(あば)に奈良時代より鎮座し、1250年余りにもなるそうです。

「悪魔払いのアンバ様」として厄除け神様として有名で、ご祈祷が毎日のように行われてるようです。

豪華絢爛な社殿には驚かされました。朝10時からご祈祷を受け、お札をもらい、境内を散歩しました。

あんば日光とも呼ばれているらしく、その社殿の、彫刻などの装飾は一見の価値はあります。

境内には稲荷神社、相生神社、葦船神社などがあり、珍しいのは勝馬神社、競馬の美浦トレーディングセンターが近い事もあり、JRA関係者や競馬ファンがお参りに来るようです。絵馬に馬蹄が飾られています。


最近は自治会の活動がままならない事が多いようです。

その地で生まれ育っていない者には、ただのややこしい付き合いでしかないのかも知れません。

会長から今回、班の5軒(全160戸)が突然代参を依頼され、困ったなあ~。

しかもその代表で僕にとりまとめて欲しいとのこと、えっ、そりゃあないですよ。

みんなで行くには日曜日の1回だけ、しかも明日。共働きが多いのだ。

昨日の今日は無理でしょ。なんでもっと早く連絡くれないんだろう??って感じ。
5軒は引っ越してきて10年程。みんな嫌がるだろうけど、行きたい人もいるかもわからない。

仕方ないので皆さんに声をかけていたら、全員の返事をもらったのは月曜の夜。

とうぜん皆さん、やんわり勘弁してくださいとの様子なので「暇な僕が行ってきますよ。」で落着。
仕方ないので大安の水曜日、ひとりで片道1時間半のドライブ。

もともと寺社仏閣は好きだし、天気が良くて気持ちのよい代参になりました。

何処にいてもすぐに役をさせられてしまう。それで今まではストレスを溜めていた。

最近は我慢しないで言いたい事は言える年金暮らしなのでストレスはない。

言いたい事を言うだけなら、疎んじられるだけだ。だから時にはこうしてみんなが嫌がる事をする。

こうしてまわりは僕の言う事に反論できなくなっていく。

いいのか悪いのか確実に口うるさい爺さんになっていく。

描いていた理想のクソジジイになれるだろう(笑)。

もうなってるのかも。


[PR]
# by kaisintamura | 2017-04-07 08:09 | 快適隠遁生活 | Comments(0)

早くも孫ロスです(笑)



d0173140_22013661.jpg
孫たちと春休み。1週間たっぷり遊びました。

じっちゃんは台所に立ち続け、食事を作りました。(笑)

まだ小さいので、無料の施設や公園などで、まだ誤魔化せるのが救いです。

昨日近所のモールで軽く昼食をしてたら、パチンコ店で顔なじみのご夫婦に会いました。

同じくお孫さんと一緒でした。

僕は「お互い、パチンコ行けないね。」と。

そして奥さんからは「AKBのおじちゃんだよ。」と孫に紹介されました。

10歳くらいの女の子はキョトンとしていた。

いつもAKBで遊んでいるから、僕はパチンコ仲間からはそう呼ばれているらしい。

なんとも情けない通り名です。(笑)

今日の朝、津に帰って行きました。

静かさを取り戻すと、、、寂しいような、、、

すっかり爺さんになったようです。

孫たちの為にも元気で、長生きをしようと思うようになってきました。

眼鏡は花粉除けらしいです。

薬も飲んでるから、かなりひどいみたいです。かわいそうに。



[PR]
# by kaisintamura | 2017-04-02 22:12 | 快適隠遁生活 | Comments(0)

d0173140_10301769.jpg

アートフェア東京のリポート報告を真面目にアップします。
VIPカードを頂いたので、一般の人たちよりもゆっくり観れて良かった。
ビックサイトなどのフェアと違い狭いので、2時間弱で3周できました。存分に楽しみました。

少し辛口になりますが、、、、、主催者の理念に「日本のアートの振興・アートの教育を目的にしております。」また「「アート」とは究極の満足であり、究極の贅沢である。」などととあります。
しかし、ちょっと理念とはかけ離れた現実だと思いました。
今、絵が売れず、作家もギャラリーも苦しんでいます。初めての入場なので、その感想は違うと言う方がいらっしゃれば、ぜひ違う意見を教えてください。
正直言って、贅沢な暮らしをしてるひとのための贅沢なイベントで、単なる「高級な骨董展」にしか感じませんでした。
骨董美術品が7割以上、現代作家や若手のアーティストのブースは3割にも満たないような気がしました。
その中でも若手の作品を展示して応援してるブースには、偉いな~と素直に頭が下がります。


国際文具店やギフトショー、業界モノだとジャパンショップ、素材展、下水道展など出展や企画デザインを手伝っていた立場から言うと、出店料が高い基本料20万円、ブース料が1コマ50万円。つまり出店するだけで70万円かかるのです。(参考・普通高くても35面円位)これでは対費用効果を考えると資力のない小さな画廊やギャラリーは出店できません。あえて出展でなく出店を使っています。
つまり片寄ったアートの紹介になってるとしか思えません。

それに入場料が高すぎます。当日券で2800円。これでは若い人や作家を目指している人には二の足を踏んでしまいます。せめて学生だけでも1000円位にしてあげたらと。
理念にアートの振興、教育とありますがかけ離れたスローガンにしか聞こえません。

僕みたいな貧乏コレクターは、有り難いイベントですがアートを楽しみたい思ってるので、高級骨董を買いたいとは思わないし買えないので、ちらっと観て素通りです。
焼き物もありましたが、現代作家のモノはほとんどありませんでした。出展料が高いのでそういうものが集まってくるのは仕方ないのでしょう。非常に残念でした。

すごく辛口になりました。結論としては、はっきり言って「なにがしたいのか?目的はなんなのか?解からないフェア?

d0173140_10304941.jpg

『 Art is a lifestyle 』
「アート」とは究極の満足であり、究極の贅沢である。
そう、贅沢な LIFESTYLE が特別なのではなく、
特別な LIFESTYLE が贅沢なのです。
と、主催者側の理念があります。
しかし、金持ちじゃないと、贅沢な生活はできないし、お金がなければ来なくて結構と言ってるのかなと思いました。

今、アートの好きな人は増えていると思います。投資目的ではなく、純粋にアートを楽しみたい。もっと絵画、工芸、陶芸等の現代作家の作品を見たいし、若手作家の登竜門的なしかけがあるとおもしろい。
ホントに凄~く辛口になってしまいました。関係者のみなさん申し訳ありません。
でもいろんな方と話もできたし、いろいろ観れて、ほんとに楽しめた時間になりました。チケットを頂いた事に感謝です。
来年も欲しいな(笑)。


[PR]
# by kaisintamura | 2017-03-19 10:33 | 快適隠遁生活 | Comments(1)

d0173140_10071333.jpg

雨の梅。我が家の梅が、北側なので少し遅いのですが今年も咲いてくれました。

1日目のピロリ退治薬はなんの副作用もなく平常です。
昨日の午後散歩。スーパー巡りをしながらいつものように歩きます。
1時間ほど歩くと、1件のスーパーの前で70歳位のおばちゃんが椅子に座って傍らに同じくらいのおばちゃんが、なにやら付き添ってるようにしていました。
どうしたんだろう?気分でも悪いのかな?と思いながら、通り過ぎようとして、ちらっと顔を見たら傷だらけでした。
鼻は大きく腫れ、裂傷。ティッシュを鼻穴につめていた。額はコブがあり腫れてました。手も傷めてるようでプルプル震えていました。
そばに自転車があったので転んだんだなと、、、、、
ほおって置けず「大丈夫ですか?」近くでよく見るとかなりひどい。
「救急車を呼んだ方がいいんじゃないですか?」と。どうやら恥ずかしいらしい。旦那さんが畑に行ってて、家は留守だと言う。
「連絡は取れるんですか?」携帯置いてきたから、、、、など。
「旦那さんの電話番号わかりますか?」すると何度も言いなおしたがら言うので、電話してみた。

知らない電話番号だし、オレオレ詐欺と思ったのか、怪訝そうな返事しか返って来ない。怪我の状態を話すとやっと納得してくれた。
「何分くらいで来れますか?」「すぐ〇〇病院の救急で診てもらってください。」と近くの救急病院を教え、「奥さんと変わりますね。」
15分位で来れるらしい。おばちゃんは叱られると思って、いいですいいですと電話を変わらない。

僕は店に入って店員に「店の前で倒れてる人がいるんだから、ちゃんと面倒みないと駄目じゃないか!」と叱った。
すると「ちゃんとやりましたよ。ティッシュをあげたし、、、、、」と。
僕はあきれて何も言う気がしなくなった。

困ってる人がいる場に行き合わせる事が多くなってきた高齢者時代。どう対処するか、危機回避の手段が大切。もちろん思いやりも。
戻ると、だいぶ平静になっていたので、もう大丈夫だろうと傍のおばちゃんに任せてその場を離れた。


[PR]
# by kaisintamura | 2017-03-14 10:11 | 快適隠遁生活 | Comments(0)





d0173140_07524323.jpg
むらもとちひろさんに初めて会ってから、もう何年になるのだろうか?5年?6年?

彼女のいつも前向きな姿勢には圧倒される。関西人の持ち味かな。

とにかく良く食べる。気持ちのよいくらい食べる(笑)。怒られるかな。

昨日は彼女に誘われてお手伝いした東京装画賞の表彰式へ。

若いイラストレーターの熱気で会場は溢れていました。僕は応募者の中では、どう見ても年長者、主催者よりも。

あこがれの宇野亜喜良さんにも会えて話が出来た。もう84歳になられたとのこと。ビックリするほど、とてもお元気でした。


出版不況など、イラストの発表の場が少なくなっている現状を嘆いていました。


若い人の質問に丁寧に答え、とにかくいろんなとこに顔を繋いで積極的に頑張って欲しいと仰っていました。


人と関わる事は面倒くさくて、辛い事もたくさんあるのですが、それ以上に嬉しい事がいっぱいあります。

年を取ると甘えて貰えるのが本当にうれしい。若い人への応援はこれからもずーとしていきたい。


[PR]
# by kaisintamura | 2017-03-10 07:54 | 快適隠遁生活 | Comments(2)

ゆっくり生きる日々を気まぐれに、気ままに、我がままに、、、


by kaisintamura